FC2ブログ

定期総会で議題に無い、緊急動議を決議することが可能か?

定期総会で議題に無い、緊急動議を決議することが可能か
 あるマンションの理事長からの相談です。
臨時総会に於いて、第1号議案で管理会社の変更の審議に入ろうとした所、突然緊急動議を提案しますと出席者から発言が有り、議長(理事長)が発言を許すと『理事長の解任動議を提案します』と云われ議長は、戸惑ってしまっている内に何人から賛成!賛成!とやじられ、議題の審議に入れず臨時総会は、中止をせざるを得なくなり議長(理事長)は、臨時総会の打ち切りを告げ閉会してしまいました。

結論:緊急動議は、決議を求めることはできません。区分所有法に違反します。
理由:区分所有法第三十五条には、『集会の招集の通知は、会日より少なくとも二週間前に、会議の目的たる事項を示して、各区分所有者に発しなければならない』と記してあり、更に、区分所有法第三十七条において『集会においては、第三十五条の規定によりあらかじめ通知した事項についてのみ、決議をすることができる』と成っております。
※ 区分所有法における集会とは 総会の事を指します。

定期(臨時)総会では、開催案内と議案書に記載されている議案のみが決議の対象となります。議案書は、全区分所有者に対し配布し、予定されている定期(臨時)総会で何を審議するかを事前に知らせ、定期総会で充分意見交換して貰い採決に至る為のものです。
 また、当日都合により定期(臨時)総会に出席できない区分所有者に対し委任状(議決権行使付)を提出して貰い決議の際、有効票数の扱いとされます。

 よって、緊急動議の決議は、欠席者の議決権を無視されてしまう為、議案書に上程されていない議題は、採決を求めることはできません。

 同様に、修正動議も原則は出来ないことになります。但し、軽微な修正動議は可とされているようです。

それでは、緊急動議が出た場合、どう対処すればよいのでしょうか?

 議案書に「その他」の所で区分所有者より重要な事案を上程された場合は、意見交換をしたのち、理事会に持ち帰り理事会で審議し、改めて臨時総会を開催し賛否を問う決議をすることが必要です。
 その動議が、規約に規定してあり理事会で判断できる案件なら、理事会内で処理をすればよいのです。

(東京地裁昭和62年4月10日・判決)
ある管理組合の定期総会で議案書に無い議題を決議したものが無効になった裁判事例が有ります。それは、規約改正の議題が議案書に記載されていなかったため、区分所有者が管理組合を相手に、定期総会での決議無効確認の裁判を起こした事例で、裁判所は、「この議題の総会決議は、無効である」としました。

★普通決議と特別決議の違いについて

1. 普通決議:決算承認・予算承認・管理費の変更・修繕積立金の変更・駐車場料金の変更・大規模修繕工事・設備のリニューアル・その他修繕工事・管理会社の変更・等々です。
・・・出席区分所有者数及び議決権数の過半数以上の賛成票で可決

2. 特別決議:規約の改正・建物の増築・設備の撤去等々です。
・・・全区分所有者数及び議決権数の3/4以上の賛成票で可決

                   NPO・ネットワーク東京 アドバイザー 田村 静雄

連携団体
NPO法人マンション管理組合ネットワーク東京
http://tokyo.mansionkanrikumiai.net/

NPO法人マンション管理組合ネットワーク愛知
http://aichi.mansionkanrikumiai.net/

☆分譲マンションで抱えいてる困ったこと悩んでいることには、何でも相談に応じておりますので、ホームページよりご相談下さい。相談は、無料で対応しています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

田村 静雄

Author:田村 静雄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールマガジン:お気軽にどうぞ!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード