FC2ブログ

賢い大規模修繕工事の進め方を伝授 !! NO3

賢い大規模修繕工事の進め方を伝授 !!
--------------------------------------------------------
賢い大規模修繕工事の進め方を伝授 !! NO3
--------------------------------------------------------
 進め方・その6・・・施工工事会社について
施工工事会社も同様に、一般公募を行い理事会・修繕委員会で最終候補会社を決定する。
1. 応募業者が決まった後は、期間を決めて工事現場の下見を実施する。
2. 応募業者が工事現場の下見にきた際に工事仕様書と工事施工図面を渡す。
3. 工事仕様書と工事施工図面を元に相見積書を期限までに回収する。
4. 相見積書は、理事長が回収し、理事会・修繕委員会で開封し工事金額を発表する。
5. 理事会・修繕委員会でプレゼンティションを行う業者を数社選考する。
6. 理事会・修繕委員会でプレゼンティションを行った業者の中から検討の上、最終候補会社1社を決定する。
(マンションの規模によって相見積りの業者数が変わります。目安として、25戸~50戸=8社~15社、50戸~150戸=10社~15社、150戸以上=12社~20社位が必要)

※建設業界は、談合の多い業界なので談合を防止する為に、特に施工工事会社の業者数を多くした方が良いと思います。

進め方・その7・・・臨時総会を開催
臨時総会を開催し、施工工事会社の最終候補会社を選考した経緯を説明し討議の
上、承認を受ける。

 進め方・その8・・・工事施工契約書
臨時総会で施工工事会社が承認された後は、速やかに管理組合と工事施工会社との間で工事施工契約書を作成する。

 工事費の支払い条件は、一般的に契約後:20%、工事中間:30%、工事完了後:50%という条件が多い。(一部、契約後に10%、工事着工時に10%がある)

 進め方・その9・・・工事の進め方、注意事項の住民説明会
工事着工の約1ヶ月前に工事の進め方、注意事項、住民への協力のお願いなどの説明会を行なう。

※工事現場の下見説明について
施工工事会社は、見積書の作成に当たり工事仕様書と工事施工図面を元に現場の下見が有ります。現場下見説明を理事会・修繕委員会が行なうのが無理な場合は、管理組合の味方のマンション管理士と契約して現場下見説明を総て任せてしまうのも良い方法だと思う。

注意 : 現場下見説明会は、一級建築事務所、管理会社・管理人に依頼しない方が良い。談合の心配があるためである。この先も管理会社と良い関係を保つためにも、管理会社に対して不安・不信感を発生させない為にも。


 以上が、大規模修繕工事の計画から工事着工までの注意点と問題解決のポイントとなります。これから大規模修繕工事を進められるマンションにおきまして多少でも参考にして頂けましたら嬉しいです。

 NO1~NO3の内容で不明なところが有りましたら、メール等で質問して頂けましたら、更に分かりやすく説明いたします。

『大規模修繕工事タイムスケジュール』 及び 『作業内容』


NPO法人 マンション管理組合ネットワーク愛知
       事務局 田村 静雄
http://aichi.mansionkanrikumiai.net/
MAIL: aichi@mansionkanrikumiai.net

スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

田村 静雄

Author:田村 静雄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールマガジン:お気軽にどうぞ!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード